脂肪肝 食事 予防 改善

脂肪肝を予防、改善するための食事のポイント

脂肪肝を予防、改善するための食事のポイントは以下の通りです。

 

ポイント1 摂取エネルギーを適正にしましょう
 デスクワークが主な人や主婦の場合、「標準体重=身長(m)×身長(m)×22」に男性なら「30」、女性なら「25」をかけた数字が一日のだいたいの適正エネルギー(kcal)となります。身長170センチの男性なら1907kcal、160センチの女性なら1408kcalです。

 

ポイント2 朝、昼、晩の三食を規則正しく食べましょう
 肝臓は毎食毎に栄養を分解・合成して全身に送る働きをしています。不規則な食事は肝臓に負担をかけてしまいます。また、間食を頻繁に摂ると空腹な時間が少なくなり、インスリンの分泌が悪くなって行くので、気をつけましょう。特に、夜食は厳禁です。

 

ポイント3 脂質を控えましょう
 食事で摂った脂質が直接肝臓に蓄積される訳ではありませんが、脂質はカロリーが高く、少し食べ過ぎるだけでもカロリーオーバーになりがちです。バター、マーガリン、マヨネーズ、生クリーム、肉の脂身等の脂肪の多い食品を控えましょう。

 

ポイント4 甘いものを控えましょう
 ジュースやお菓子等の甘いものを減らしましょう。糖質は出来るだけ、適量のご飯やパン(甘くないもの)、麺類等の主食から摂るようにします。

 

ポイント5 良質のタンパク質を摂りましょう
 低カロリーで良質のタンパク質を含む食品を摂るようにしましょう。肉類よりは、豆類や魚介類がおすすめです。また、肝臓に良いといわれるタウリンは、たこ、いか、貝類、マグロの血合い等に豊富に含まれています。

 

ポイント6 各種ビタミン、ミネラルをしっかり摂りましょう
 肝機能が弱まっていると、体に必要なビタミンやミネラルを貯蔵する働きも衰えてしまいます。野菜類を豊富に彩りよく食べて、毎日ビタミン、ミネラルを補給しましょう。

 

ポイント7 食物繊維を摂りましょう
 食物繊維には、腸内から有毒物質や余分なコレステロールを吸着して排出する働きがあります。食物繊維を摂る事により、肝臓の解毒作用を助け、負担を減らす事が出来ます。また、食物繊維はカロリーがほとんど無いにもかかわらず腹持ちがよく、体重のコントロールに効果的です。

 

ポイント8 アルコールは控えましょう
 アルコールが原因の脂肪肝の場合はいうまでもない事ですが、非アルコール性の脂肪肝(NAFLD)の場合も飲酒は出来るだけ控えましょう。アルコールは肝臓に負担をかけるだけでなく、カロリーも高いのです。

食材の栄養価にこだわるなら通販もおすすめです。

 『らでぃっしゅぼーや

 『おいしっくす(Oisix)』

 『ミレー

病気の予防・改善を目的とした食材調達には特におすすめです。畑の土づくりの段階から反農薬の精神が貫かれており、味や栄養価にこだわる方の根強い支持を受けています。放射能検査体制も徹底しています。

 入会金・年会費トライアル中は無料
 送料:野菜セットは無料
 決まった曜日に宅配
 関東圏は専用車配送
 包装資材回収可能
 7日までまで注文変更可能

『らでぃっしゅぼーや』と人気を二分するのが『おいしっくす(Oisix)』です。こちらももちろん反農薬で良質な野菜を入手可能で、入会金や年会費が無料である点や1個から注文が可能な点など、利用しやすさには定評があります。『おいしっくす(Oisix)』も、放射能検査体制は徹底しています。

 送料:基本400円/利用額に応じて無料
 3日前まで注文変更可能
 週ごとキャンセル可能
 受取日時指定可能
 1個からの注文可能
 入会金・年会費なし

ミレーは千葉県から無農薬・有機栽培の野菜を直送してくれます。

 送料:304円〜
 注文後5日程度でお届け
 生産地から直接出荷
 1個からでも注文可能
 入会金・年会費なし